ブログ|有限会社一本松オート

オフィシャルブログ

保安基準適合標章の話

当社は指定工場なので お客様から車検で預かり整備~完成検査~引き渡しまで

全て自社で完結することができます。なので特に部品が入らない場合等を除けば

だいたい朝に預かれれば夕方には仕上がります。

更新された車検用や車検のステッカーは後日となるため、

代わりとして保安基準適合標章というものをフロントガラス上部に貼ります。

これが車検証およびステッカーの代わりをするわけです。

そして後日、陸運局に行き更新し、その車検証やステッカーをお客様に渡すわけです。

なかには不在でお客様に会えず、車もなく、ステッカーを貼り替えが出来ない人もいます

(電話ではフォローしますが・・)

適合標章の有効期間は当日から15日間で・・有効期間も大きく謳ってありますから

わかるとは思いますが、 自社のお客様ではないにしても、適合標章を

貼ったままの車を見かけますが・・注意が必要です。

新型アルト登場

アルトが今年の12月10日にフルモデルチェンジをして 発表されます

マイルドハイブリッド、スズキセーフティサポート 等 搭載されています

従来のモデルもフルモデルチェンジしてから数台は売りましたが、最近では・・

たぶん、このブログを始めてから今日の納車で紹介したことはないと思います(笑)

今回のスタイル、装備を見る限り、通常の移動手段として使うなら

ぜんぜんOKだと感じました。軽自動車とは本来こういうものでは?というイメージです

 

また、スペーシアもマイナーチェンジがありました。

主な変更点ですが、まず外見はグリルが変わりましたね。カスタムはまるで

アルファードのような感じになりました(個人的な意見です)

新しくスズキコネクトにも対応するようになりました。

興味がある方は カタログもありますので当社までお願いいたします。

本日の納車

本日の納車は スズキ キャリィトラック 4WD AT 60周年記念車です

ATで安全装置もついていて安心の1台です

基本、スズキの軽トラックのATは3速ですが、こちらは4速(OD付き)になります。

60周年記念車ということでメッキのグリルやドアハンドル、ドアミラーはボディ色で

ヘッドライトはHIDになっています。

パワーウィンドウも装備されリモコンドアロックもある等、装備が充実した車です。

お客さまはこの前もキャリィトラックに乗ってたので、スタッドレスタイヤもそのまま

使うことができました。 事前に当社に持ち込み履き替えての納車になりました。

もちろん交換はサービスです。

エアコンの吹き出し口の話

今の時期はあまり活躍しないであろうエアコンですが

昔と違い、今はいろんな吹き出し口のタイプがあります

自分が普段 足代わりにしている軽自動車は昔ながらのオーソドックスなタイプですが

この手のタイプは掃除が割と大変です(笑)

あとは吹き出し口そのものが回転するタイプや 全て閉じられるタイプもあります

また高級車になると スイング機能がついているものがあり ONにしておくと

右に左に風向きが変わります・・家のエアコンみたいですね。

エアコンには空気を冷やすだけではなく除湿や除菌の機能もあり、夏場の暑い日に限らず

1年中入れっぱなしの人も多いかと思います。 しかしエアコンのコンプレッサーは

ベルトを介してエンジンが回しているので、どうしても燃費がおちてしまったり

力不足を感じるかもしれませんね。冬場にはOFFにしておく人が多いです。

オークションへ行ってきました

本日、木曜日は恒例になりました高崎市にあるJU群馬会場へと行ってきました。

11月に開催したオークション全てに取り引きした業者へ記念品としてリンゴを

プレゼントする企画があり、そのリンゴを頼まれていたので運んだのですが

その数なんと5kgの箱で90個! もちろん自分の車1台には積みきれず

前の日に半分取りに来てもらったのですがそれでも5kgの箱40個以上!

運転も慎重になりましたよ。

年に1回 頼まれるんですが、今年は春先、りんごが育成する時期に日照不足等あり

玉が小さめだったり 数がそろわなかったりで今年は大変でした

自然のものなのでどうしてもそんな年があるでしょう。

 

◇当店はJU群馬の加盟店です◇

安心安全な商売を心がけております

また良質な展示車を多数用意していまして

納車時には全てきちんと整備をしてお渡ししますので

長く乗っていただけると思います。

希望の中古車が無い場合はオークションで探してくることも可能ですので

ぜひお声がけ下さい。

2WD⇔4WD切替の話

4WD車で4WDに切り替えるのに、昔はスイッチがあったと思いますが

今の乗用タイプの大半にはありません。 軽トラ等の商用車にはまだありますが

乗用車の場合 乗り心地が悪くならないように センターにカップリング等

各メーカーで考慮して配置してあります。 そして車がある程度判断して

50:50~からその比率を変えたりしています。

たぶん、知らないで乗ったらこれ4WDだったの?という感じだと思います。

 

また商用車の場合 コストを下げる意味でもそういう装置がついておらず、2WDから

4WDへの切り替えを人間が行い 4WDになったらガチガチの4WDという感じですね

4WDに入ると、いかにも4WD!というような乗り心地や振動等あるかとは思います。

ルームミラーの話

自分は車を替えるとついでにルームミラーも社外品を取り付けます

純正サイズよりも大きめのミラーなんですが、その方が視界がいいじゃないですか?

社外品もいろいろと種類が出ていまして、凸面になっていて幅広く見られるタイプも

ありますが・・個人的には少し苦手です。 肉眼で見た状態と少し違うじゃないですか?

慣れが必要ですね。 他にもプライバシーガラス用なんていうのもありました。

プライバシーガラスは黒くつくってあるので、光量が少なめだと思いますが

ミラーに映る景色を明るめにしてあり、見えにくさを解消しています。

ひとえにルームミラーと言ってもいろんな種類があるんですね。

センターハブ径の話

先日、ブログで自家用車の軽自動車のフロントホイールが外れない、という

話をしたかと思いますが、原因はセンターのハブ径にありました。

実はこのホイール、今年の春に履き、初めての取り外しだったんです。

通常 ホイールと言うのはナットがつく部分のPCDと穴数は気にしますが

センターのハブ径まで気にする人は少ないかと思います

(センターキャップのつく奥の部分です)

今の軽自動車はナットの部分・・PCDは大半が100で合うように出来ていますが

ハブの径がメーカーで違います。 社外品では何にでも合うように大きく作ってあり

問題はありませんが、今回は純正ホイールを使用してしまい、おそらくメーカーが

違うのか ハブ径がギリギリだったんだと思います。 ホイールは装着できましたが

強引にネジを締め込んでしまったためか 今度は外れなくなってしまったんだと思います

車を替えてもスタッとドレスタイヤは前の車のを使う、という人が多いと思いますが

初めて装着するときには一度 あうかどうか?確認した方がいいと思います

雪は急に降りますから早めの確認をお勧めします。

冬の準備の話

昨日はいきなりの雪で驚きました、そして・・思っていたよりも積もりました。

例年よりは2週間~くらい早く・・そろそろ本格的に雪への準備が必要です

車のボディは地面など他の部分と比べても温度が低く早くから積もりだすので

リヤワイパー付きの展示車両は全て立て、フロントのワイパーは雪の重みで下がって

ボンネットを傷つける恐れのあるものは立てておきます。

数年前に大雪が降った時にワイパーが割れてしまったり、ボンネットを

傷つけてしまったりしたことがあり、その教訓ですね。

また洗車用のホースも水が残っていると凍るので水を抜いてから片づけておきます

外部の水道も元栓を締めておきます。

スタッドレスタイヤ履き替えの話

朝起きたら雪が舞っていた地元・・我が家はまだ一台も冬用タイヤに替えていません。

慌てて朝から交換しました。 まずは家族の車・・そして自分が足代わりにしている軽

と思ったら タイヤを止めている4本のナットを外してもホイルが車から外れません

サビで固着してしまったかセンターのハブ径がギリギリだったのを無理やり

締め込んでしまったのか?どんなに力を加えても外れる気配がありません。

ので諦めて 車検も近いのでその時に外そうかなと思います。

いつもは12月に入り 2回目の日曜日あたりに履き替えるんですが、今年は少し早い?

昔もそんなときがありました・・11月に雪が降り あわてて交換したらその後ぜんぜん

降らず・・12月の末位に積雪 なんてこともありました。

こればかりは自然が相手なのでなんとも言えませんが、一度降ったことにより

休み明けはタイヤ交換のお客さまで混雑しそうです。