ブログ|有限会社一本松オート

オフィシャルブログ

スピードメーター誤差の話

車検の完成検査で速度計(スピードメーター)を図ります。 みなさんは

スピードメーターはピッタリの速度を示していると思っているでしょうが

多少の誤差はあるんです。 その誤差の数値ですが保安基準で決まっています。

平成19年1月1日以降に製造された車の場合(軽自動車・二輪車等を除く)

(細かな計算式はありますが、それは今回は省きます)

車のメーターが40km/hを示しているときに測るんですが、実際の速度

30.90~42.55km/hが許容範囲で、誤差がこの範囲内に収まっていれば車検には

合格します。

タイヤを純正品より大型のものに替えた等で スピードメーターが示す数値と

実際の速度が違う場合があるので注意してください。

マルチホイールの話

社外のホイールなんですが、スチールホイール、アルミホイールを問わず

ある程度 どの車にも適用するようになっています(幅等は除く)

1つは穴と穴の距離(PDC)の違い・・ 今の車の軽自動車はその多くのPCDが

100ですが、昔は114.3なんてのもありますた。 もちろん小型車でも

あります。 その両方に対応できるように穴が開いているホイールがあります。

2つ目は4つ穴 5つ穴にも対応できるホイールもあります。

その多くは取り付け後にキャップをかけて穴が見えないように作られていますよ。

バッテリーの話

昔は高級なのか通常品なのかくらいしか種類が無かったんですが

ここ数年で種類が増えてきました。

グレード等はメーカーによりピンキリですが、そうでなくて通常の・・軽トラなどから

充電制御用、アイドリングストップ用などができてきたんです。

少し前は充電制御・・簡単に説明しますと、発電しっぱなしではなく

不要な時は発電機が充電するのを辞めるというもの・・

最近多いのはアイドリングストップですね・・これらは充電を素早く行う必要があります

特にアイドリングストップは車を使用中 何度か始動を繰り返すので バッテリー自体も

すぐに充電される等 強くなっています(もちろん値段もよくなっています)

アイドリングストップ用⇒充電制御用⇒通常 ・・と逆には使えませんが

高性能のものを対応させるには大丈夫です。

PAYPAYの話

少し前に契約し使えるようになっていたPAYPAYですが、自分が契約した当初は

手数料が無料だということで申し込んだのですが、その後しばらくしてから

手数料が有料になってしまい、ほとんど取引をしていませんでした。

とはいえこのご時世ですから・・また復活することになりました。

整備代金と言うのはどうしても金額も大きめになってしまいますよね?

手数料も、いくらという決まりではなく 金額に対してなん%とかそんな具合なので

金額が大きくなると手数料も増えてしまうんです。 なかなか難しい問題ですが

キャッシュレスの多いこの時代 仕方ないのかもしれませんね。

今年もやります。スズキの愛車無料点検

令和6年6月1日より9月31日までで、2022年以前のスズキ車が対象となります。

15項目の点検を無料でしますが、事前に連絡をいただき予約して下さい

代車が必要な場合は言ってください。

それほどお時間はかからないとは思います。30分~1時間弱(書類の作成含む)

修理工場 0278-53-2341 です

修理工場へ直接電話をいただいた方が段取りを組むのに都合がいいと思います。

※消耗品やNGの部分の交換・修理等があれば有料となります。

オークション出品申込書の話

次回のJU群馬は渋川&沼田市部担当のオークションで出品の要請があります。

要請というかノルマと言うか(笑)当社も3台ほど出品させてもらう予定です。

出品票に車の情報を書き込みます。 自分は詳細や車の情報(異音や不具合個所など)を

書き込みますが、中にはそういうのをあえて書かない業者もいます(たぶん)

走行していて異音とか知っていて下取りしたけど書かないで出品する、

そんな業者もいます。

走行中の異音とかは実際に車が搬入されて意識してみないとわかりません。

(オークション場では走行しての下見はできません)

なのでクレームになりにくいのです。 ・・なかにはノークレームのコーナーに

出品してくる業者もいます。 こういうのは知っていてあえてそのコーナーに

出すんでしょうね(たぶんですが)

オークションへ行ってきました

本日の木曜日は 高崎市にあるJU群馬へと出かけてきました。

前日までにパソコンで見て下見の予定をしていたのが4台でしたが、そのうちの

1台は白煙大とあり 現車を見たのですが、エンジンがダメそうなのでパスです(笑)

他も3台ほどありましたが 程度のいいものはみな高値になってしまいました。

ここへきて仕入れが満足に出来ない状態が続いています、

安く仕入れられればいいのですが、最近は難しくなってきました。

とはいえ展示スペースに空きが多くあるのも格好悪いので(笑)

頑張って仕入れをしていきたいと思っています。

 

 

◇当店はJU群馬の加盟店です◇

安心安全な商売を心がけております

また良質な展示車を多数用意していまして

納車時には全てきちんと整備をしてお渡ししますので

長く乗っていただけると思います。

USSも会員となっています。 希望の中古車が無かったり、探している車がある場合は

オークションで買ってくることも可能ですので、ぜひお声がけ下さい。

新車用タイヤの話

新車で標準装備されているタイヤですが、一般的に多く市販されている

汎用のものとはすこし違うんです。

タイヤのメーカーがその車種用に作ったタイヤなのです。

最近では国産以外も目にするようになってきました。

 

ダメになったので1本だけ交換したい・・ 銘柄などを他の3本と同じにしたい場合

在庫がなくて少し待っていただく必要があります。 もちろん4本交換で

違う銘柄になってもいいという人は 在庫があればすぐに対応ができます。

また4WDの場合 他の3本がある程度減っていて 1本だけ溝のある新品にすると

高速道路等で回転差が出てしまい、センターデフが熱をもち最悪故障することもあるので

4WDの場合は4本交換をお勧めします。

自動車用ガラスの話

自動車に使われているガラスですが、フロントとサイド&リヤで構造が違います

フロントは割れても運転の妨げにならないようにヒビ割れをします。

ラミネート構造?になっていて粉々には割れないようになっています。

割れて蜘蛛の巣状にヒビが入ったら 前が見えなくなりますものね。

 

サイドガラス等は1枚ものなので 割れる時は粉々になってしまいます。

中途半端に強度があるよりはこの方が 何かあったときに脱出できるので

都合がいいとは思いますよ。

ドアバイザーの話

オプション部品でドアバイザー(メーカーや車種で呼び名は違います)がありますが

最近ではつけない人も多くいます。

エアコンが高性能化されており ウィンドウガラスを開ける機会が無くなったせいや

ETCの普及により、雨の日の高速道路入口でも開けることが無くなったせい等が

あると思うんです。 自分も乗用車にはつけていません。

またこれは車種によりますがエアロタイプ?バイザー表面に加工がしてあり、

わざと独特な空気の流れを作り出すものがあります。

風切り音の防止や車内の空気を早く外へ出す 仕組みになっていますよ。